OCN光のオプションまとめ

 

 

まずどのインターネット回線業者にもオプションがある可能性はあるのですが、基本的にはオプションは邪魔です。オプションなどは不要で、単純に回線が速くて安定していて、料金が安ければそれで問題ありません。回線に不明点があれば質問できるというよくわからないオプションがあたりするのですが、トラブルシューティングはインターネットである程度調べれば可能ですし、オプションの電話サポートなどで聞き出せるレベルのものであればインターネットで検索すればその情報を得るのは容易です。なのでオプションは不要ということになります。光テレビや光電話をオプションというのであれば話は別なのですが、テレビなどではなく、特殊なサービス的なオプションは不要という意味あいになります。

 

 

OCN光テレビ

 

OCN光のオプションまとめ|光電話・テレビの料金・割引とその他オプションの内容・料金

 

光テレビに関しては、各業者が光回線のインターネットサービスとあわせて提供しているのですが、OCN光も同じです。テレビ番組に関しては契約の仕方で見られるものが変わるのですが、アンテナを建てなくてもその分のチャンネルを見ることが可能です。どの業者も同じですが、光テレビの一番の押しどころは映画でしょう。一部有料なのですが、多くの映画を無料で見ることができるというサービスがあります。この映画というのは厳選されたものですが、古いものから新しいものまであります。

 

古いものは昭和の名作が並ぶのですが、新しいものに関しては準新作を無料で見られるということがあります。最新作となると有料の場合が多いでしょう。映画をよく見る人であれば契約するメリットがありますし、それほど高いものでもないので、たまに見るという人も契約しても良いでしょう。このような合理的なオプションなら良いのですが、実際は無駄なオプションが圧倒的に多く、それは業者の収益のためについています。

 

 

店舗で申し込む方法や、営業の人とのやり取りで契約するという方法もあれば、インターネット上で公式サイトや代理店から申し込むという方法もあります。どの方法を選択しても良いのですが、店舗や営業の人とのやり取りで契約するということはメリットが薄いです。まず情報が不足するという問題があり、それは店員も営業の人もノルマ達成のための売り込みが目的なので、客観的な情報を得るということができないのです。

 

 

申し込み窓口の注意点

 

 

消費者からすれば当然サービスを判断するには客観的な情報がほしいのですが、それが得られないので、店員や営業の人に言われるがままに契約してしまうということになりがちです。そうすると無駄なオプションを勧められるリスクはインターネット上での契約よりも高まります。またこのオプション料金には人件費分も含まれており、店員や営業の人の利用料が上乗せされているということになります。インターネット上で完結させれば、口コミなどで客観的な情報を得ることも可能で、無料なのでその方が圧倒的にメリットがあるでしょう。グーグルの検索エンジンよりも情報収集に役立つ店員や営業の人はいません。なぜそのためにオプションを付けなければならないのかという感じです。

 

 

ネット申し込みがベター

 

インターネット上で契約が完結するのですが、その際には情報収集が必須になります。まずどの業者がお得なのかということを調べ、実際に契約するのですが、サイトの見方にいくつかポイントがあります。まずなんの目的でそのサイトが書かれているのかを考えるということです。多くのまとめサイトなどは広告収入目当てで書かれているので、広告を出す業者をひいきして記事が書かれています。なので、その業者を引き算して見るということが重要でしょう。また他のサイトとも比較検討し、複数のサイトの共通点が信憑性の高い情報ということになります。なのでいろいろ見て比較するということは客観的な意見を見られますし、偏りがなくなるので非常に参考になります。

 

 

上述のように情報を得た後には実際に契約するのですが、キャッシュバックに関しては金額だけではなく受け取り方法や、条件というのをよく見た方が良いでしょう。キャッシュバックを受け取るためには月額の掛かるオプションへの加入が必要ということや、キャッシュバック受け取りのための手続きがややこしくてわかりにくいという場合もあるでしょう。どちらも消費者からすればかなり邪魔なのですが、業者は利益のためにやっています。業者からすれば、キャッシュバックの金額の高さはアピールしたいのですが、実際に支払うのはコストが掛かるのでいやだと考えています。

 

 

良識のある企業の場合はそうでもキャッシュバックを多くの顧客が受け取れるようにするのですが、悪質な企業の場合はキャッシュバックの高額をアピールしておきながら、その受け取り方法が非常に面倒ということが多いのです。まず契約から1年程度経ってから手続きが必要にも関わらず、その仕組みがややこしくてまた数日の間に行う必要があるというようなことです。これはかなり酷でしょう。